インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは、インフルエンサーにクライアント企業のサービス/商品を紹介してもらい、多くのユーザーに認知させたり、購入の動機を与えたりするwebマーケティング手法です。(インフルエンサー:インスタグラマーやユーチューバーなど、SNSなどのメディアにおいてフォロワー数や知名度など強い影響力をもつ人々)

ヒカキンさんのようなチャンネル登録者1000万人前後いるようなユーチューバーが、自身のチャンネルでサービス/商品を紹介すれば、その1000万人の視聴者が認知することになります。YoutubeのインフルエンサーとInstagramのインフルエンサーでも、視聴者層は大きく異なっていますし、インフルエンサーの発信している内容によっても視聴者層が大きく異なってきます。

インフルエンサーマーケティング会社に依頼する際は、自社のサービス/商品の特徴や訴求したいターゲット層をしっかりと共有して、費用対効果の高いインフルエンサーのキャスティングと企画立案を行ってくれる企業を探すようにしましょう。

本日はインフルエンサーマーケティングについてご紹介します。

インフルエンサーマーケティングの仕組み

インターネットの発達によりSNSが普及し、今や日本国内の80%がSNSを利用していると言われています。いろいろな人の投稿を見たり、自分自身も発信することが当たり前の時代となりました。

そこで登場したのがインフルエンサーです。

基本的には、SNS利用者の中で特に人気があり、多くのファンを持ち影響力のある人のことを指しています。このインフルエンサーに広告を依頼し、多くの人にサービス/商品の認知を広めて売り上げの向上を図る取り組みをインフルエンサーマーケティングと言います。

若年層はSNSでの情報取集が当たり前になっており、フォローしているインフルエンサーはもちろん、人気の投稿や検索でヒットする情報もチェックしています。特に、フォローしているインフルエンサーが発信する情報は「この人がおすすめするならきっといいものだ!」と感じ、購買行動を起こしやすくなります。

更に、SNSでは、『共感』によって情報が拡散されていきます。従来の広告のような『堅苦しいもの』よりも、より身近で親近感を感じられる人が発信するリアルな情報(口コミ)の方が共感を得られ拡散される傾向にあります。インフルエンサーの投稿に共感しフォロワーが拡散すると、フォロワーのフォロワーにも拡散されていき、この連鎖が起こることで、多くのユーザーへ情報を拡散することができます。

この時拡散されるユーザーは、価値観が近いユーザーが多いので、よりターゲット層に拡散しやすく、『共感』を得られれば費用対効果が高い広告になります。

インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリット

インフルエンサーマーケティングを活用する上で、メリットとデメリットをピックアップしてまとめました。メリットだけではなくデメリットも把握して、上手に活用しましょう。

メリット

⒈情報拡散に適している

SNSは、ユーザーが情報拡散をしやすい仕組みが備わっています。

Twitterであればリツイート、InstagramやYouTubeはいいねや高評価をすることで価値観の近いユーザーのおすすめに表示されるなど、多くの人に拡散することができます。

フォロワーがシェアをして更にそのフォロワーもシェアする、という流れを作れるので、より親和性の高いユーザーへ情報拡散できるのです。

 

⒉ユーザーの購買決定に影響を与えられる

ある調査結果によると、70%の大人は、何かを購入決定する際、WEBコンテンツに影響を受けているという報告があります。

つまり、インフルエンサーがコンテンツを発信することにより、ユーザーへ商品認知を広めるだけではなく、購入意思決定にも影響を与えられるのです。

 

⒊広告としてのハードルを下げられる

インターネットの普及に伴い、様々な形のWEB広告が表示されるようになりました。

そういった広告を鬱陶しく感じているユーザーは多く、WEB広告への嫌悪感はTV広告の倍以上という調査結果もあるほどです。

しかし、インフルエンサーによる発信であれば、『広告』としてのハードルが低く、WEB広告だと見向きもしないユーザーも憧れのインフルエンサーの発信であれば興味を持って見てくれます。

 

⒋ブランディング効果も見込める

インフルエンサーが情報拡散をすることで、『口コミ』という形で自然にブランド認知を高めることができますし、親和性の高いインフルエンサーを起用することでブランドイメージや世界観を浸透させることができます。また、インフルエンサーは企業や芸能人よりも身近な存在なので、インフルエンサーの使う製品も身近に感じることができますし、より「使ってみたい」と感じてもらうことができるのです。

デメリット

⒈ステルスマーケティングだと思われてしまう可能性がある

ステルスマーケティング(ステマ)とは、宣伝と気づかれないように宣伝をすることを言います。『サクラ』や『ヤラセ』と呼ばれるような行為がステマに当てはまります。

ユーザーはステマだと感じると信頼をなくしてしまいますし、ブランドイメージも悪くなってしまいます。

ステマ対策として#PR や #ADなどのハッシュタグを付けたり、YouTubeであれば、PRであることを明言してコンテンツを発信する必要があります。

 

⒉管理を怠ると炎上する可能性がある

広告主がステルスマーケティングを望んでいない場合も、インフルエンサーによる過度な投稿やアピールで炎上してしまう可能性があります。

誤解を招いてしまう言い回しや、誇張しすぎてしまったり意図せず炎上してしまう場合もあるので、事前にインフルエンサーとしっかりと打ち合わせをし、発信する内容の確認などをして防ぎましょう。

⒊インフルエンサーの選定が難しい

インフルエンサーの選定は、インフルエンサーマーケティングで一番大切と言っても過言ではありません。

インフルエンサーのイメージや商品ジャンルと親和性が高い事はもちろん、そのフォロワーがターゲット層に当てはまっているかどうかなど、フォロワーの質も大切です。

フォロワーが多ければ良い訳ではなく、施策にぴったりとハマるインフルエンサーを選定することが重要であり、難しい部分でもあります。

 

まとめ

現在、多くのSNSで数々のインフルエンサーが活躍しています。YouTuberやインスタグラマー、ツイッタラーといった名称でも呼ばれており、活動内容も人それぞれです。そしてインフルエンサーマーケティングを実施し、商品やサービスの宣伝がしたいと思う企業も増えてきています。しかしたくさんのインフルエンサーがいるからこそ、誰を起用しどのSNSでPRすればいいのか迷う事もあると思いますので、SNSマーケティングの企業に依頼することをおすすめします。

SNSマーケティング・SNS運用代行をリーズナブルできる企業はテンプルウェスト

初期費用無料!月額3万円からのSNS公式アカウント運用テンプルウェスト