コンテンツマーケティングを導入するメリットとは?

昨今、日本でも多くの企業が取り組んでいる「コンテンツマーケティング」。しかし意外にその定義や取り組むべき理由が曖昧な方も多いのではないでしょうか?今回は「コンテンツマーケティングを導入するメリットとは?」をテーマに、改めてその定義やコンテンツマーケティングに取り組む必要性などを解説いたします。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、購買意思決定のプロセスに沿って、適切なコンテンツを作成・伝達することにより、潜在的な見込み顧客を購買行動まで促すマーケティング手法のことです。

「コンテンツマーケティング」という手法を最初に提唱したContent Marketing Institute(コンテンツマーケティングインスティチュート)社では、以下の様に定義しています。

コンテンツマーケティングは、明確に定義されたオーディエンスを引き付け、維持し、最終的には収益性の高い顧客行動を促進するために、価値、関連性、一貫性のあるコンテンツを作成し、配信することに焦点を当てた戦略的なマーケティングアプローチです。

(引用:Content marketing Institute(What is content marketing?)


ニーズが明確な顧客層はもちろん、潜在的なニーズのある見込み顧客にも幅広くアプローチを仕掛けられる点は、従来のマーケティング手法と異なるコンテンツマーケティングならではの強みであるといえます。

コンテンツマーケティングにはどんな種類がある?

「コンテンツマーケティング=SEO対策をされた記事コンテンツ」という認識の方も多いかもしれませんが、実際は異なります。コンテンツマーケティングは記事をはじめとする、様々なコンテンツ媒体を活用した手法であるため、「コンテンツマーケティングの中に、記事コンテンツも内包されている」というのが両者の正しい関係性です。

コンテンツマーケティングの代表的な施策には、以下のようなものがあります。

  • 記事コンテンツ
  • SNS(Twitter・Instagram・Facebook)
  • 動画コンテンツ
  • メルマガ
  • プレスリリース
  • オンラインイベント(説明会・セミナー)


これらコンテンツ施策は複数を掛け合わせて運用することで、より大きな成果に繋げることが可能となります。

なぜコンテンツマーケティングに取り組む必要があるのか?

なぜコンテンツマーケティングがこれほど注目を浴びているのでしょうか?そこには情報過多の現代において、従来の「売り込み型の広告」だけでは顧客獲得が難しくなったという背景があります。

テレビCMや新聞広告が大きな集客力を持っていた時代と比べ、現代人の情報獲得手段はより多様化し、ユーザーは自身のタイミングで好きな情報を取捨選択できるようになりました。自ら情報を獲得できる現代において、ユーザーの広告に対する関心は低下し、むしろコンテンツの視聴を阻害する広告は嫌悪の対象にさえなっているといえます。

こうした「情報量の肥大化」「情報獲得手段の多様化」が拡大する中、企業が生き残るためには「顧客の欲するタイミングで、企業サイドからの一方通行ではない、最適な情報を提供するマーケティング手法」が求められるようになりました。これがコンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングでは情報を求めているユーザーに、最適なタイミングで必要な情報を与えることで、見込み顧客層をより購買フェイズに近い層へと育成します。また一貫した良質なコンテンツを配信し続けることで、広告1枚では伝えきれない製品やサービス・企業の魅力を顧客に届けられるといった利点もあります。

コンテンツマーケティングのメリット

・ユーザーの望むタイミングで、欲する情報を提供する(拒絶意識が生まれない)
・コンテンツの配信によって、興味関心のある段階から収益に繋がる段階までユーザーを育成できる。
・潜在的なニーズがある層にもアプローチできるため、より多くの層を顧客へ育てるチャンスがある。
・情報を連続的に伝えることで商品やサービスをより深く知ってもらい、顧客との信頼関係を築ける。

上記の様な理由から、企業は競合他社に打ち勝つためにもコンテンツマーケティングへの取り組みが重要といえるでしょう。

またコンテンツマーケティングは「コンテンツを配信すれば終わり」ではなく、効果測定をおこないながら、より「顧客に最適な内容」へとブラッシュアップを続ける必要があります。コンテンツマーケティングでは、最低期間後も継続的に良質なコンテンツを配信し続けることが望ましいといえます。

コンテンツマーケティングに必要な時間・費用はどのくらい?

実際にコンテンツマーケティングへ取り組むとなった場合、成果がでるまでにどのくらいの時間と費用がかかるのでしょうか?以下で確認していきましょう。

コンテンツマーケティングに掛かる「費用」

施策の内容や依頼する業者によって異なりますが、コンテンツマーケティングには毎月数万円~50万円ほどの費用が発生すると言われています。ほかのWEBマーケティング手法と比較し、低予算からはじめられる点もコンテンツマーケティングならではの魅力でしょう。インハウスや個人でおこなう場合、記事コンテンツやSNSといった多くの施策であれば無料で取り組むことが可能です。

成果が出るまでに必要な記事本数

コンテンツマーケティングの代表的な施策である「記事コンテンツ」であれば、記事の投稿から集客・問い合わせといった成果をあげるまでに、50~100本ほどの記事数が必要であるといわれています。もちろんジャンルや競合の強さによって必要本数は変わりますが、まずは最低50本を目安に投稿することを目標にしましょう。

また、ただ記事数が多くてもコンテンツの内容が薄ければ意味がありません。Googleのアルゴリズムから価値ある記事と評価されるような、読者のためになる良質なコンテンツ作りを心がけましょう。

 

まとめ

今回は「コンテンツマーケティングの導入メリットとは?」をテーマに、コンテンツマーケティングの概要やその重要性、実際に取り組む際の費用感や所要期間などを解説いたしました。

他社と差別化を図り集客力を高める上で、コンテンツマーケティングへの取り組みは、今後ますます重要視されると予想されます。ぜひ今のうちから導入を検討し、取り組みやすいものから運用を始めてみてはいかがでしょうか?

月額3万円からのコンテンツマーケティング、運用代行できる企業とはテンプルウェスト。

https://temple-west.com/